2017年のゲーム業界最大のトピックは、任天堂の新型据え置きゲーム機「ニンテンドースイッチ」のヒットだ。

スイッチのコンセプトは「持ち運べる据え置き機」。テレビにつないで据え置き機として遊ぶことも、本体に搭載された液晶ディスプレーにゲーム画面を映し出すことで携帯機として遊ぶこともできる。

家だけでなく、持ち出して外でも遊べるのがスイッチ最大の特長(右)。自社の有力ソフトがスタートダッシュの原動力に(左)(画像提供:任天堂)

3月の発売以来、販売は絶好調だ。発売約9カ月となる12月10日には世界累計販売台数が1000万台を突破。これは世界で1億台以上売れた「Wii」に次ぐペース。18年3月末には1674万台となる見込みで、12年発売の「Wii U」の累計をたった1年で上回ることになる。

ゲーム機ビジネスで最大の難所が立ち上がりでの普及だ。ハードが普及しないとソフトも売れず、それによってソフトメーカー離れが起き、ソフト不足でハードがますます売れなくなるという悪循環に陥るからだ。