「PSVR」(右上)、「オキュラス ゴー」(右下)、「Vive フォーカス」(左)

2016年ごろから、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)という言葉が、マスメディアにも多出するようになった。

VRとは、電子機器を用いて、現実世界と同じような体感を再現する技術のこと。一般的なVR機器では、ゴーグル型機器の内側についたディスプレーをのぞき込むことで仮想の空間を体験できる。映像・動画の視聴から遠隔医療まで応用範囲は広いが、現在はVRと親和性の高いゲームが主なコンテンツとなっている。

対するARは、現実の視界をベースに、追加の映像を重ねる技術のこと。スマホゲームの『ポケモンGO』が代表例だ。『ポケモンGO』では、カメラ機能を使ってディスプレー上に目の前の景色を映し出し、そこにポケモンのキャラクターCGを重ねることで、あたかもポケモンが現実世界にいるかのような演出をしている。