お年玉ランキング1 

業績拡大がまだ続く 来期増益率 100銘柄

2018年以降も投資妙味がある企業はどれか。最新版の『会社四季報』を基に、五つの銘柄ランキングを作成した。

まず、下に掲載したのは「来期営業増益率」のランキングだ。今期見込みに対する営業利益の伸び率が高い順に並べたものだ。

17年9月からの日本株上昇を下支えしたのは、業績の先行きをめぐる安心感だった。市場関係者からは「(値上がりを説明する要因として)業績モメンタムが効いている」(証券会社ストラテジスト)との声も上がる。それゆえ投資対象選びでは引き続き、「増益」がキーワードになりそうだ。

戌年相場を迎えるころには、今18年3月期の業績見通しはほぼ株価に織り込まれている。市場参加者の関心は来19年3月期収益へと傾くだろう。