空いた時間に自宅で働けることから人気が高まっている(撮影:梅谷秀司)

インターネットを活用し、フリーランスで働くクラウドワーカーが増え続けている。業界最大手クラウドワークスの登録人数は2017年9月末で152.1万人と前年同期比で45%増加した。

クラウドワーキングはネットのやり取りで完結する仕事も多く、子育てや介護中の人たちの仕事ニーズに応えている。地方にいながら、東京の高い単価の仕事を受けることもできる。地方の潜在労働力を生かす切り札として自治体の期待も大きい。