2017年、化粧品業界では国内初となるシワ改善化粧品がポーラと資生堂から発売された。

(撮影:梅谷秀司)

従来の化粧品では効能の表現が限られ「乾燥による小ジワを目立たなくする」としていたが、今回、厚生労働省から医薬部外品の承認を受けたことで「シワを改善する」と明確に表記することが可能となった。

先陣を切ったのは訪問販売に強いポーラ。17年1月1日に発売した「リンクルショット」は独自に開発したシワ改善有効成分「ニールワン」を配合し、ほうれい線や目尻などのシワを浅くする。9月末までに約112億円の売り上げを計上。大手化粧品会社の関係者は「通常、一つの商品だけで、この短期間に100億円規模の売り上げを稼ぐことは難しい」と口にする。これに伴い年商目標を100億円から125億円に上方修正。現状では「リンクルショット」と他製品との同時購入といううれしい効果も生まれている。

後を追うように、資生堂も6月に「エリクシール」ブランドからシワ改善化粧品を発売。9月末までの出荷売り上げは102万個と、こちらも快調。17年の販売計画を120万個から130万個に引き上げた。続けて11月に投入したシワ改善化粧品も滑り出し好調だ。