プラズマテレビ事業の敗戦処理から再成長へ舵を切ったパナソニック。そのカギを握る戦略事業といえるのが、自動車向け部品だ。

2021年度に車載分野で2.5兆円という野心的な売上高計画を掲げる。これは16年度実績のほぼ倍の規模。そのための投資も惜しまない。15〜18年度の4年間に1兆円の戦略投資枠を設け、大半を車載分野につぎ込む予定だ。

中でも社運を懸けるのが車載電池で、現時点の最大顧客が米国の電気自動車(EV)ベンチャー、テスラだ。

17年1月、米ネバダ州の砂漠の真ん中でテスラ向けの世界最大の車載電池工場、ギガファクトリーが稼働した。ここにはパナも2000億円を投じており、車載事業を率いる伊藤好生副社長はテスラを「運命共同体」と語る。