リチウムイオン2次電池の正極材に使われる住友金属鉱山のニッケル酸リチウム

各国の環境規制強化でガソリン車から電気自動車(EV)への移行が加速し、世界の各自動車メーカーもEVシフトを鮮明にしている。

EVのコア技術はなんといっても蓄電池。現在の主流はリチウムイオン2次電池だが、すでに次世代電池の開発は進んでいる。最も有力といわれるのが、全固体電池だ。リチウムイオン2次電池は電解質が液体なのに対して、全固体電池は電解質を固体化したもの。固体電解質だから液漏れの心配はないので、安全性が高い。