日経平均株価が史上初となる16連騰を記録し、約26年ぶりとなる高値をつけるなど、2017年は株式市場にとってエポックメーキングな1年となった。

背景には好調な企業業績があり、過去最高純益を更新する銘柄も続出。それにつれて株価も最高値を更新した銘柄が全体相場を押し上げる格好となった。

一方、最高益の更新が予想されながら、株価が低く放置されたままの銘柄も散見される。そこで、今期最高益を更新する見込みで、株価が過去の最高値に比べて低い順のランキングを作成した。

中長期では株価と業績は原則連動するはず。株価だけ出遅れているとなれば、いずれは追いついてくる(=株価が上昇する)と期待できる。よしんば、過去の最高値が特殊事情で高すぎたとしても足元のPER(株価収益率)が低ければ割安修正が起きる可能性は高い。