国政選挙が想定されない2018年は、9月の自民党総裁選が最大の政治イベントだ。総裁として自民党史上例のない国政選挙5連勝を成し遂げた安倍晋三首相の続投ムードが党内に広がる中、ポスト安倍のゴールが「『次』か、それとも『次の次』なのかで展開が一変する」(自民幹部)からだ。

2018年総裁選出馬の意欲を隠さない石破氏(左下)と野田氏(右下)、岸田氏(左上)は様子見(撮影:尾形文繁、梅谷秀司)

12年9月の前々回総裁選で首相と接戦を演じた石破茂元地方創生相は、「党員が(総裁を)選択できないことは失礼だ」と3度目の出馬への強い決意を繰り返す。前回総裁選では土壇場で出馬を断念した野田聖子総務相も「次は必ず出る」と20人の推薦人集めに取り組む。

その一方で、最有力とされる岸田文雄政調会長は「安倍政権もいつかは終わるので、そのとき、何をすべきか考えていく」と後継への意欲は繰り返すが、18年の出馬については「まだ先のこと」と明言を避ける。

こうした3氏の言動は、ポスト安倍での立ち位置を反映している。自民有力幹部は「石破氏は反安倍の急先鋒、野田氏は女性初の首相を狙うための挑戦だが、岸田氏は首相からの禅譲も意識する立場」と解説する。