高齢化する日本の課題とは何か、英国の知性二人が語り合った。一人は『ライフ・シフト』で人生100年時代の戦略を描き、日本政府にも助言するリンダ・グラットン英ロンドン・ビジネススクール教授。もう一人は『「西洋」の終わり』で自由主義社会の危機に警鐘を鳴らす英『エコノミスト』の元編集長、ビル・エモット氏だ。

(撮影:尾形文繁)

──高齢化が、お二人の著書に共通するテーマです。高齢化について悲観的になるべきでしょうか?

エモット 高齢化は財政やおカネの問題だけではない。人生が長くなることで、これまでなかったようなチャンスが出てくる。日本は65歳以上の労働参加率が世界で最も高く、これはポジティブだ。

グラットン 100年時代の人生に人々が悲観的になるのは、60歳までは健康でいられたとしても、その先の40年は病気を抱えて生きる、といったイメージを持つから。でも、それは現実とは違う。長寿化した人生で、もっと多くのことをする機会が与えられている。

これが、100年時代におけるライフ・シフトのポイントだ。これまでは、フルタイムで教育を受け、フルタイムで働き、退職してフルタイムの年金生活者になるといった3ステージの人生で問題はなかった。でも、それではもう、うまくいかない。特に日本のように高齢化が進んだ国では今後、3ステージの人生が急速に崩れていくのを目の当たりにするだろう。

今は会社を一度辞めると、再就職はとても難しい。でも、古い3ステージではなく、生涯でより多くのステージを経験することになるマルチステージの時代には、人々は会社を自由に辞めたり、再就職したりすることを望むようになる。企業は柔軟になるべきだ。

しかし、すべてを変える必要はない。日本の終身雇用は大きな財産だ。他国では(短期契約や単発で仕事を請け負う)ギグエコノミーが広がっているが、これを称賛するのは間違っている。

──日本は高齢化だけでなく、少子化の問題も抱えています。