ユダヤ教の聖地「嘆きの壁」。こうした歴史的建造物は東エルサレムに集中する

エルサレムをイスラエルの首都と認めるトランプ米大統領の決断が、世を騒がせている。なぜ、このタイミングなのだろうか。この点に絞って論じたい。なぜならこのタイミングこそが、その理由を理解するカギだからだ。

エルサレムには3宗教の聖地がある。ユダヤ教の「嘆きの壁」、キリスト教の「聖墳墓教会」、イスラム教の「岩のドーム」だ。それゆえ3宗教の信徒にとって、エルサレムは心のふるさとのようなものだ。

1948年にイスラエルが成立し、エルサレムを首都と宣言した。しかし国際社会は首都として認めず、主要各国は大使館をテルアビブに置いた。80年、イスラエルは東西に分かれていたエルサレムの統一を宣言したが、国際社会はそれも認めていない。

米国議会は95年、エルサレムをイスラエルの首都として承認し、同国大使館をエルサレムに移転するように求める法案を可決した。だがこの法には、「抜け穴」があった。大統領には安全保障上の必要があれば、法の実施を半年延期できる権限が付与されていた。この権限によって、これまでその実施が先送りされてきた。

そして2017年1月、トランプ大統領が就任する。その前月の16年12月にオバマ前大統領が同法の実施延期を決めていた。そのためトランプ大統領にとって最初の機会は今年6月だったが、そのときは動かなかった。

しかし、2回目の機会は見逃さなかった。なぜトランプ大統領はこのタイミングで大使館の移転を決断したのか。