24時間営業の焼き肉店は朝食の有力な選択肢だ。キムチやサンチュは食べ放題が基本。

1872年に刊行されたジュール・ヴェルヌ著の『八十日間世界一周』。主人公フォッグ氏の旅費は全財産の半分の2万ポンドだった。現在の貨幣価値に直すと約6億円である。

2017年12月、ソウル発の世界一周航空券を使って地球を一回りしてきた。金額は8万円台半ば。この航空券はソウル発の羽田行きで、スペイン、チリ、米国を経由するので、結果として世界一周になった。

この「擬似的な」世界一周航空券、ゴールデンウイークや正月も料金はほとんど変わらない。かつて海外航空券の発券地として一世を風靡したソウル発。昨今はウォン高もあり割高となったが、こうした掘り出し物はまだ存在する。

今回の旅は羽田を出てから帰国まで111時間。ソウルで8時間、マドリードで18時間、チリのサンティアゴで25時間、ニューヨークで5時間。これが各都市での持ち時間である。5区間のフライトは当然のことながらエコノミークラスだ。

ソウル発の世界一周なので、羽田からソウルまではLCC(格安航空会社)のピーチ・アビエーションで飛んだ。午前2時に羽田を出発する夜行便はほぼ満席。乗客は韓国の若者が目立つ。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP