広告はできるだけ見たくない。これが消費者の本音なのは、残念ながら事実だ。この消費者心理があるかぎり、大量の広告を押し付けるのは逆効果。最善策は、個々の消費者の好みに合わせ、関心があるモノや企業の広告を見せることだろう。

このパーソナライズで驚異的に成長しているのが、中国のベンチャー企業・北京字節跳動科技(ベイジン・バイトダンス・テクノロジー)が運営する情報キュレーションアプリ、「今日頭条」だ。