ヤマト運輸は神奈川県のほか、静岡県や愛知県でもドライバーを緊急に募集している(撮影:大澤 誠)

お歳暮やネット通販の年末商戦で最繁忙期に突入した宅配業界。宅配便個数は今年も増え続け、12月も過去最多更新が確実なだけに、宅配各社は人手確保に躍起だ。

ヤマト運輸は12月に限り、最も人が足りていない神奈川県の一部地域で、同社として全国最高水準の時給2000円でドライバーのアルバイトを募集中だ。昨年の1500円から大幅に引き上げた。

「時給2000円出しても人は集まらないだろう」。

業界関係者は悲観的に眺める。宅配大手は今年運賃を相次ぎ値上げしたが、抜本的な人手不足解消には至っていない。福山通運の小丸成洋社長は、「好調な自動車産業など、人材は製造業に流れている」と指摘する。

首都圏で宅配便配達を請け負う会社の社長は佐川急便から打診があったと明かす。「時給2800円で、車両持ち込みのドライバーを100人集めてほしいと言われた」。だが配達エリアは住宅密集地。最繁忙期に新規で受託すると混乱は不可避と考え、断わったという。