伊勢丹新宿本店はいまだ日本一の売り上げを誇るが…。

百貨店国内首位の三越伊勢丹ホールディングスが、今冬のバーゲンセールを2018年1月4日から開始することが明らかになった。

同社は12年夏から同業他社よりも2週間ほど遅れて夏と冬の年2回のセールを実施してきたが、約6年ぶりに他社と同時期に開催することになる。「年明けから顧客の春物商品への関心が高まる。冬のセールを前倒しし、春物を展開する期間を増やしたい」と、同社の広報担当者は説明する。

百貨店各社は売り上げが落ち込む中で少しでも需要を喚起しようと、夏と冬のセール時期を前倒ししてきた。この流れに異を唱えたのが、大西洋・前社長だった。

セールの後ろ倒しは、百貨店の“再興”を目指した大西氏にとって、独自商品の拡充と並び象徴的な施策の一つだった。今回取材に応じた大西氏は、「需要最盛期に適正価格で販売するのは当然のこと。顧客の価格への信頼も取り戻したかった」と思いを打ち明ける。