障害物回避や信号判断を自動で行う小型の自動運転EV

長年、家電事業を主軸にしてきたパナソニックが世界的な自動車部品メーカーへと、大きな変貌を遂げようとしている。

2021年度の車載事業の売上高計画は2.5兆円と、16年度比で倍増させる。18年度までの4年間で1兆円というグループ全体の戦略投資枠のうち、大部分を充てるのがこの分野だ。

目指すのは自動車部品メーカーの世界トップ10入りだ。実現すれば、最大手の独ボッシュや独コンチネンタル、デンソーという名だたるメガサプライヤーの背中が見える。

「受注残は順調に増えており、2.5兆円への手応えを感じている」。副社長で車載事業を統括するオートモーティブ&インダストリアルシステムズ(AIS)社の伊藤好生社長はそう語る。