とやま・かずひこ●産業再生機構の最高責任者を経て、2007年に経営共創基盤CEO、16年からパナソニック社外取締役。(撮影:梅谷秀司)

かつての電機業界はある製品を省エネ仕様にしたり、より頑丈にしたりと、改良的イノベーションが大きな価値と強みになっていた。パナソニックの事業戦略にもそれが反映されていた。だが今は、ソフトウエアやネットワーク技術も組み合わさって、破壊的なイノベーションがどんどん起きる時代になっている。