新たな100年に向けて新規事業の創出を急ぐパナソニックが、研究開発体制の大胆な見直しに動いた。

要となるのが、今年4月に新設されたビジネスイノベーション(BI)本部だ(下図)。各カンパニーの垣根を越えて、IoTやAI(人工知能)といった新しいテーマに取り組む本社直轄の体制を取る。専務執行役員兼CTOの宮部義幸氏が本部長を兼任し、副本部長には、独ソフトウエア大手SAPの日本法人で要職を務めた馬場渉氏が就任した(馬場氏のインタビュー『大企業病は必ず克服できる』)。

在籍人数は約150名。馬場氏は米シリコンバレーに拠点を置き、パナソニックの各カンパニーから集まった30歳前後の若手を中心とした約30名の部隊を現地で率いる。若手をシリコンバレーに集めるのには、周辺のベンチャー企業で働く人々との交流を通じ、社員に新しい発想を持ってもらう狙いがある。

シリコンバレーオフィスに若手人材が集結

全社横断的な研究開発を行うビジネスイノベーション本部の中で、約30名が米シリコンバレーで働く。写真はシリコンバレーオフィスの風景。「職能を超えスピード感を持って働くには、まずは働く場所の文化を変える必要がある。そのためにシリコンバレーは最適」(副本部長の馬場渉氏)だという