渡部昇一氏は、フリードリヒ・ハイエクを、英国の懐疑論者ディビッド・ヒュームに連なる思想家ととらえる。

〈このハイエク先生の思想の根源には、私は十八世紀のイギリスの哲学者・ディビッド・ヒューム(一七一一~一七七六年)の思想があると思います。イギリス最大の哲学者と言ってもいいと思われるヒュームは、人間の知力にはどこか欠陥があるというところに行き着いた哲学者です。〉(渡部昇一『知的人生のための考え方』PHP新書、2017年、39~40ページ)

ヒュームは、明日太陽が東から昇ることも確実とは言えないと言った。長期的スパンで考えると、ヒュームの言説は間違っていない。太陽が自らのエネルギーを使い尽くすと赤色巨星となって現在の200~800倍に膨張する。そうなると地球がのみ込まれてしまう可能性もある。もっとも、太陽の重力が弱まるので、地球の公転軌道が現在よりもはるかに外側になるので、のみ込まれることはないという説もある。その場合であっても、いずれ太陽が消滅するのであるから、そうなれば地球の東から太陽が昇るということが絶対に正しいとは言えなくなる。

ヒュームはこのような人間の知性に対する懐疑を、古代ギリシャの哲学者ゼノンの影響を受けて持つようになったようだ。

〈ヒュームの話をする前に、ここでギリシャ哲学の時代から思考の命題として出され続けている有名な「ツェノン(ゼノン)の逆理」を紹介しましょう。ツェノンは紀元前五世紀の哲学者で、弁証法の祖とも言われる人ですが、これは彼が提示したアキレスと亀の逆説(パラドックス)です。中学の数学の時間に習われた人も多いはずです。その命題はこういうものです。

「足の速さで有名なアキレスの前を亀がノロノロ歩いている。亀を追い越そうとして、アキレスが亀のいた地点まで行くと、すでに亀はその前を歩いている。そこでアキレスがさらに先にいる亀の地点まで行くと、またまた亀はその前を歩いている。以下、アキレスと亀の距離は分けることができないほど小さな単位になりますが、アキレスが追い付いたと思えば数ミクロンでも亀は先を行っていることになる。つまり、理論的に考えればアキレスは永遠に亀に追いつくことができない」という命題です。