続く。なぜなら、中国の消費者にとって「欲しいモノ」はまだたくさんあるからだ。日本市場が直面している問題は、どれだけモノがあふれていようと「欲しいモノはもうない。だから買わない」と消費者が考えている点…