2027年に予定されるリニア中央新幹線の開業を控え、注目が集まる名古屋。その中でしのぎを削るのは、開発が急速に進む名古屋駅周辺(名駅(めいえき))と、以前からの一大繁華街である栄だ。

名古屋駅の「JRセントラルタワーズ」。再開発で名駅周辺の勢いが増している(撮影:尾形文繁)

名駅では4月、オフィスや商業施設などが入居する高層ビル「JRゲートタワー」が開業するなど開発が続き、中心地としての座を栄から奪いつつある。

一方、栄に近い丸の内久屋大通伏見などの地下鉄駅も、ここ5年で利用者数が10%以上増加。名古屋でも中心部でマンションの増加が目立ち、これが要因とみられるが、東京や大阪の「都心回帰」とは様相が異なるようだ。

名古屋学院大学の江口忍教授は、「栄周辺にマンションが増えたのは、中心地としての地位が名駅周辺に移ってきたため」と話す。オフィスや商業ビルなどの需要が減退した代わりに、マンションが増加したというわけだ。「栄周辺は地下鉄網の利便性が高く、名古屋では住宅選びの大きな要素となる地盤も良好。住む場所としての魅力は高い」(江口教授)。