週刊東洋経済 2017年12/9号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

42%増──。東武鉄道の駅で過去5年間にこれだけ乗降人員数を伸ばした駅がある。とうきょうスカイツリー駅だ。

2012年5月に東京スカイツリーが開業したため利用者増は当然といえるが、にぎわいはおひざ元の駅にとどまらない。「東京の東部が強くなっているのを感じる」。東武鉄道・根津嘉澄社長がそう話すとおり、台東区や墨田区、江東区は近年、高層マンションブームに沸く。住民が増えれば、駅前が栄え、街に活気が生まれる。

一方、利用者減少で衰退する駅もある。高級住宅街の代名詞である東急東横線・田園調布駅では今、空き家問題が深刻で、富裕層は都心の高層マンションに移り住む。