東京から北東に約80キロメートル離れた茨城県小美玉(おみたま)市。2006年に同県の東茨城郡小川町、美野里(みのり)町と新治(にいはり)郡玉里(たまり)村とが合併して誕生した人口約5万人の街だ。

小美玉市は南で霞ヶ浦に面している。西にはJR常磐線、常磐自動車道が通っており、東に航空自衛隊の百里基地と10年3月に開港した茨城空港がある。

市内の産業としては農業や酪農が盛んだ。ニラやイチゴ、メロン、卵、生乳、ヨーグルトなどが主に東京に向けて出荷されている。

小美玉という名称は、合併した町村の頭文字を組み合わせたものだが、市によれば、「小川の流れや美しい自然とともに、玉のように輝き飛躍する市のイメージが感じられる/小さな美しい宝物、あるいは小さな美しい心を持つふるさとになるように」などの思いが込められているという。

そんな小美玉市だが、首都圏の住民にはほとんど無名に近い存在といってよい。茨城県自体が、全国都道府県魅力度ランキング(ブランド総合研究所調べ)で5年連続最下位(17年)。同県の小美玉市は、人口が合併直後の06年にこそ5万3000人台だったが、徐々にその数を減らしており、高齢化も進みつつある。