トランプ大統領が誕生した米国は、民主主義が空洞化し、大衆の不満のはけ口と化した世界となった(AP/アフロ)

30年前に亡くなった米国の思想家ジェームズ・バーナム(1905〜87年)。相当の年配の企業人なら、かすかに記憶にとどめているかもしれない。主著の『経営者革命』(41年)は、51年と65年に東洋経済新報社から翻訳本が出版されている。半世紀以上前のことだ。

そのバーナムが、トランプ時代の米国でよみがえっている。バーナムこそ、今日の米国を理解するカギと見られている。それどころか、彼の思想がトランプ大統領を生んだとの見方もある。米国でさえ忘れられていた思想家にもかかわらずだ。

主著のタイトルから、ほぼ同じ年代のドラッカーのような経営学の草分けかと思われるかもしれない。まったく違う。バーナムは戦前の米国のトロツキストの中核だった。スターリニズムに反発し、独ソ不可侵条約(39年)の衝撃で反共産主義へと傾きだした。右旋回は続き、戦後は保守論壇の中心として、病に倒れる70年代末まで活躍した。

トランプとバーナムをつなぐのは主著の思想だ。『経営者革命』はタイトルから想像されるような革新的な経営手法についての本ではない。マルクスのプロレタリア革命理論の向こうを張った世界史理論が繰り広げられる書である。

バーナムは、ブルジョア革命後の資本家支配に対し、プロレタリア革命が起きて労働者支配の世界が来るというマルクスの理論を否定した。巨大化する企業の経営陣(managers)が、複雑化する資本主義体制下で「生産手段の事実上の管理」を行うようになり、支配階級として地位を固めると見た。この中で、資本家は疎外される。

ここでバーナムがmanagersと言っているのは日本語でいう経営者よりずっと広い概念だ。複雑化・巨大化した企業社会を動かすテクノクラート全体を指している。