「昭和55年にユニー座間店として開店以来、皆様のご愛顧をいただいてまいりましたが、このたび新しい店舗に生まれ変わるため、一時閉店させていただくことになりました」

神奈川県座間市にある、ユニー・ファミリーマートホールディングスの総合スーパー、ピアゴ座間店(上写真)では11月中旬、このような館内放送が流れていた。300台ほどの駐車場はほぼ満杯。店内には多くの人がいた。「いつもはこんなに多くない。『閉店セール』で安くなっているからでしょうね」と、ほぼ毎週末ピアゴ座間店を利用している中年女性は話す。

11月21日、ユニー・ファミマは、ユニー株の40%をドンキホーテホールディングスに譲渡した。同時に、ユニーの6店をドンキとのダブルネーム店に転換すると発表。そのうちの1店がピアゴ座間店だ。来年3月、ユニーの看板は残すものの1階から3階まですべてMEGAドン・キホーテとして生まれ変わる。

「ドンキのように楽しく買い物ができる店に変える」

ドンキの店は、「圧縮陳列」「POPの洪水」に特徴がある。多種多様な商品を、天井近くまで所狭しと陳列し、手書きしたPOP広告で訴求。携帯電話関連商品など、特定のニッチな分野で圧倒的な品ぞろえをして、購買意欲をそそっている。

かつてイトーヨーカドーだった店舗もドンキになり大きく変わった。大きなPOPがあちこちに張られ商品は天井近くまでうずたかく積まれる。売れ筋ばかりでなく、「こんなものまであるのか」と客を驚かせる品ぞろえが特徴。店舗従業員へ商品仕入れや価格決定の権限が大幅に委譲されていることが大きい