なかぞら・まな●1991年慶応義塾大学経済学部卒業、野村総合研究所に入社。97年野村アセットマネジメントでクレジットアナリストに。社債や国債を分析。モルガン・スタンレー証券、JPモルガン証券を経て、2008年10月からBNPパリバ証券クレジット調査部長。11年から現職。(撮影:尾形文繁)

クレジット(信用)バブルの様相が続いている。中央銀行の金融政策であふれた資金が、リターンを求めてハイイールド(高利回り)債券などへ流入して、クレジットスプレッド(信用力に応じた利ザヤ)を縮小させてきた。各国中銀は政策スタンスを緩和から引き締めに変えようとしているが、緩やかな金利上昇にとどまる見込みで、今後もバブル的な状況は続くであろう。

ただし、すでにバブルだというのであれば、どこかではじけるだろう。どのタイミングで、どこからはじけるのか。

資金が流入しすぎている市場を注視していくことが肝要である。そうした中から、レバレッジド・ローンのリスクに注目したい。

レバレッジド・ローンは、シンジケート・ローン(協調融資)の中で借り手の信用格付けがBB以下で利回りが1.5%超の高利回りローンである。ハイイールド債との違いは、有担保、変動金利で、財務制限条項がついていることだ。

レバレッジド・ローンの9割近くは機関投資家、つまりはヘッジファンドなどのシャドーバンクが主な投資家となっている。規制が厳しい銀行に比較してシャドーバンクには規制がほとんどなく、相対的に高いリターンを狙っている。

現状のレバレッジド・ローン市場でリターンを高めるには、大きく二つしか方法がない。