「私の命は、日本のがん治療の研究に役立ちましたか」「はい。たいへん役に立ちました」「それは、よかった」これが知人の父親の最期の言葉だった。今から20年前、まだがんの告知は本人にせず、親族にしか行わな…