神奈川県横浜市といえば、人口373万人を擁する東京都下に次ぐ巨大都市。住宅情報サイト「SUUMO」の調査によれば、関東における「住みたい街ランキング2017」で、横浜は吉祥寺や恵比寿に次ぐ第3位だ。 

一口に横浜といっても面積は広大である。多くの人が「住みたい街」としてイメージするのは、みなとみらい地区や港の見える丘公園、山手付近、また内陸部では港北ニュータウンや田園都市線沿いのたまプラーザなどだろう。

しかし先進的でおしゃれなイメージの横浜にも、街の変質が始まっている地域がある。横浜市南部だ。下図は同エリアの栄区、金沢区、港南区の2005年および15年における人口動態(対前年比)を比較したもの。栄区や港南区では、05年にすでに人口の社会減(転入者よりも転出者が多い状態)を原因とする人口減が生じている。この時点ではまだ3区とも自然増(生まれる子の数が死亡者数を上回る)の状態にあるが、15年には3区とも社会減と自然減が重なり、人口減の速度が上がっている。