希望の党の共同代表選は玉木雄一郎氏が勝利した。「ねじれ」状態の野党でどう戦うか(共同通信)

小池百合子・東京都知事の「私党」の様相を呈していた希望の党の共同代表に玉木雄一郎衆院議員が就任。小池氏の代表辞任という波乱はあったが、新執行部の顔ぶれも決まり、「普通の国政政党」として船出した。野党各党の指導体制が整ったことで、今後は国会対応や再来年の参院選に向けてどのように連携するかが焦点となる。

希望の党の共同代表選ではリベラル色の強い立憲民主党との連携など、政治路線をめぐる対立が浮き彫りになった。玉木氏は安全保障政策などでは「小池路線」を踏襲しており、基本方針に変わりはないとみられる。

「国民に寄り添い、地に足のついた土のにおいがする本物の国民政党を、皆さんとともにつくりあげていきたい」。共同代表に選出された後、玉木氏は所属議員らにこう抱負を語った。「土のにおい」「国民政党」という言葉に持論の保守志向をにじませた。

野党連携のあり方について、野党第一党の立憲民主党の枝野幸男代表は「永田町の数合わせに関与していると誤解されれば、われわれへの期待はどこかに行ってしまう。権力ゲームとは距離を置く」という立場を示す。

玉木氏も「立憲民主党とは切磋琢磨していきたい。すぐ一つにまとめたらいいという話もあったが、違う党として選挙を戦い、私たちは1000万票弱、立憲も1000万票強の票をもらっており、それぞれに期待している有権者がいる」と応じた。当面、党単位の合流はもとより国会での統一会派づくりも行わない方向だ。確かに政党、会派がバラバラでも国会対応での連携は可能だ。

しかし、国政選挙では野党が候補を一本化しなければ政権批判票の受け皿にはなれない。「永田町の数合わせ」「権力ゲーム」とみられない候補者一本化に向けて知恵を絞る必要がある。