(撮影:梅谷秀司)

30代後半のBさんは2年前、「家族のためにもきっぱり、たばこをやめる」と固く禁煙を誓ったが、今でもスモーカーだ。健康によくないことは十分理解しているが、何度かチャレンジした禁煙は毎回すぐに挫折。できるだけ本数を減らしてはいるが、食後の休憩時間や飲酒時の一服がどうしてもやめられない。

世界的に見ても先進国においては、たばこ離れが時代の大きな流れだ。JTの調査によると、日本の喫煙者率も年々下降線をたどっており、2000年に50%以上だった成人男性の喫煙率は昨年、初めて3割を割り込んだ。とはいえ、年代・性別分布で見ると、30〜50代の男性ではまだ喫煙者が多い。

喫煙行為には健康リスクが付きまとい、肺・咽頭がんや脳卒中、心筋梗塞など重大な病気の原因になりやすい。健康によくないことは誰もが知っている。にもかかわらず、Bさんのように喫煙家はなぜたばこをやめられないのだろうか? ニコチンなどの中毒性や習慣性、本人の意志の弱さなどが理由として真っ先に思い浮かぶが、実は人間の思考や心理も大きく影響している。

将来の利益よりも目先の満足を選ぶ