(撮影:梅谷秀司)

日経平均株価が11月前半に一時、2万3000円を約26年ぶりに突破するなど、株式市場はにぎわいを見せている。そんなニュースを連日、見聞きして、株式投資に関心を持っている読者も多いのではなかろうか。

株式投資の鉄則は「安く買って高く売る」。将来的に業績拡大が見込めるのにまだ株価が割安な銘柄に投資し、大きく値上がりしたところで売るのが理想。しかし、それが簡単に実践できるなら誰も苦労はしない。プロの機関投資家でも最適な売買のタイミングを見極めるのは難しく、一般の個人であればなおさら。特に難しいのが、下落局面でどう動くかだ。

購入した銘柄の株価が下落。売ると損が出てしまうので上昇に転じるのを待ったが、さらに値下がりして含み損が拡大してしまった──。個人投資家が最も陥りやすいのがこのパターンで、後でこう嘆くのだ。「ズルズルと持ち続けるんじゃなかった。早めに売っておけば傷が浅く、ほかの銘柄に乗り換えて挽回できたかもしれないのに……」。

絶対に損したくない人間の心理が強く影響