歴史としての大衆消費社会:高度成長とは何だったのか? (総合研究 現代日本経済分析 第Ⅱ期)
歴史としての大衆消費社会:高度成長とは何だったのか? (総合研究 現代日本経済分析 第2期)(慶應義塾大学出版会/384ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
てらにし・じゅうろう●一橋大学名誉教授、同大学経済研究所非常勤研究員。1942年生まれ。同大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。経済学博士(一橋大学)。同大学助教授、教授を経て、2004年から名誉教授。米イェール大学客員教授、日本大学大学院教授なども歴任。

戦後史を根本から見直す挑戦の書

評者 北海道大学経済学研究院教授 橋本 努

戦後の日本人にとって「高度経済成長」は、世界に誇るべき歴史的偉業のように思われた。ところがバブル崩壊以降の経済的停滞は、あの頃の日本の誇りを問い直すのに十分長い期間になったであろう。著者によれば、高度成長期の日本が誇れるものはあまりない。築かれた大量生産・大量消費のシステムは、端的に言って、日本の伝統的な消費文化にそぐわなかったという。

日本の高度経済成長は、分厚い中間層に支えられた平等な経済システムを確立した点で、国外からも高く評価される。だが本書の見方は厳しい。耐久消費財の画一的な生産に支えられた大衆消費社会は、敗戦と占領という衝撃のもとで、日本人がさしあたってアメリカによる文化支配への適応を受け入れた結果にすぎない。これに対して1980年代以降の消費社会は、商品の差異化を通じて、伝統的な日本型消費経済へ回帰する萌芽を含むものだという。

著者によれば、消費社会には二つのタイプがある。一つは生産者主導の大量生産・大量消費で、これは西洋型。もう一つは生産者が消費者の嗜好を踏まえる少量生産・少量消費で、これは日本型。あまりにも大ざっぱな分類だが、著者はこの区別に基づいて、日本では高度経済成長の終焉とともに、伝統に根差した消費文化の時代が再来したと捉える。

日本人は西洋人と違いキリスト教の背景をもたず、世界創造の秘密に迫りたいなどという気持ちは毛頭ない。むしろ身近な先祖や他者、あるいは動植物を配慮する「限定合理性」の生活倫理を大切にしてきた。こうした文化の中で仏教由来の職業的求道行動も発展した。周囲への個別的配慮と職人芸の伝統は、80年代以降の消費社会において、たとえば柳宗悦の言う「用の美」に、新たな商品価値を見いだす可能性があるという。

「用の美」とは、実用性・反復性・低廉性・公有性・様式性などの高い合理性を追求するものであり、なるほど差異化消費の時代に相応しい理念といえるかもしれない。ただ本書が引き合いに出す事例は、都会におけるSUVや、生産者と消費者の対話を可能にした通販システム「楽天」(これに対して「アマゾン」は西洋型)といったもの。こうした事例がどこまで日本の伝統的消費文化に適(かな)っているのかについては議論の余地があるだろう。

ともあれ本書は、通説とは異なる歴史観を示した大作である。戦後史を根本から見直す挑戦の著作といえるだろう。