表現法で重要なのは、技法だけではない。著者の誠実さも重要である。官僚はその時々の政府の方針に従って、異なる内容の文章を書く。評論家でも、時の政権にすり寄った文章を書く人、あるいはつねに特定の政党の立場を反映した議論を展開する人がいる。この種のポジショントークを文章化したものでは読者の心に響かないことを、渡部昇一氏はよく理解している。それだから、「ホンネに忠実」である必要を強調する。

〈アメリカの代表的な心理学者マズローの考えには、私はアメリカ在住時代から大きな影響を与えられましたが、彼の言葉に、

「どうすべきか迷っている時は、ホンネに忠実であれ」

というものがあります。これは私が物を書く時の指針ともなっています。専門分野の書籍は別として、一般向けの書籍で自分の意見を述べようとする時は、どうしてもあっちのことを考え、こっちのことを考えと、いろいろ迷うことが出てきます。私はそういう時には、私のホンネがどうかを第一にするようにしたのです。

この言葉で思い出すのが、シェークスピア(一五六四~一六一六年)が『ハムレット』の中で、老侍従長ポローニアスに語らせた次の言葉です。

「最後に、最も大切なる訓(おしえ)……己に対して忠実なれ、さすれば夜の昼に継ぐが如く、他人に対しても忠実ならん」(坪内逍遥訳)

これは、人生の智恵の塊のような役回りの老侍従長がもろもろの教訓を並べ立てた後、そういったものよりも何よりも大切なのが、「己に対して忠実なれ」ということだと言っている場面の言葉です。〉(渡部昇一『知的人生のための考え方』PHP新書、2017年、93~94ページ)