リチャード・セイラー(米シカゴ大学教授)が2017年のノーベル経済学賞を受賞した。受賞理由は「経済学と心理学の統合」であり、貢献の具体的な内容は、限定合理性、社会的選好、自制心の研究である。

限定合理性とは、人間は完全に合理的に判断して物事を決めるのではない、という意味である。この考え方は行動経済学の最も重要な基盤であり、標準的な経済学(新古典派経済学)との違いが際立つ点である。セイラーは、限定合理的で、他者にも配慮する普通の人々である私たちを「ヒューマン」と呼び、標準的経済学が想定する合理的で私益だけを追求する、架空の人間を「エコノ」と呼んで、対比的に示している。セイラーの関心は、ヒューマンはどのように判断しどのように意思決定するのかをまず知り、それに基づいて経済学を構築し、より満足が得られるように人を導く政策を提言することにある。

社会的選好とは、自分の行動を決めるときに、他人の状況や心理を推察し、公正や公平にも十分配慮するということである。エコノはもっぱら自己の利益(効用)を最大化することが想定されているが、私たちヒューマンは他者にも配慮するのである。

市場の取引において公正は重要な要素である。急に雪が降ってきたからといって除雪用シャベルの値段を上げようとする売り手は、不公正という烙印を押される。エコノは利益を上げるため値上げをするだろう。しかし、ヒューマンである買い手はそれを認めがたいし、ヒューマンである売り手もそうしないだろう。このような、公正に基づく買い手や売り手の行動は、エコノの視点では分析できない。

自制心とは、将来に備えて目先の行動を抑制することである。エコノなら容易にできるかもしれないが、私たちヒューマンには難しい問題である。禁煙やダイエットが必要であってもできないのは、将来のよりよい結果を得るために現在の行動をコントロールすることができないからである。セイラーは、この事態を計画者・行為者モデルによって定式化した。

たとえば半年後に締め切りのある仕事は、今の時点で考えると余裕を持って完成できそうだ。しかし、計画的に取り組まずに締め切り直前になって慌てて仕事をしたり、締め切りに間に合わなかったりすることがある。このような「計画の錯誤」も自制心の問題である。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP