東京・日比谷公園のホームレスは比較的こぎれいなのに、米ニューヨーク・マンハッタンの教会で見掛けるホームレスはみすぼらしい。それはなぜか。明治学院大学のトム・ギル教授(社会人類学)がユーチューブに動画をアップし、日米の路上生活者の違いを説明している。

ギル氏によれば、米国では精神病患者を施設から追い出したことが大きいという。データを確かめると、ギル氏の説が正しいことがわかる。ある推計では、全米50万人の路上生活者の2〜3人に1人が深刻な精神疾患を抱えている。

米国でホームレスが急増したのは1980年代初頭、レーガン政権で精神病患者のための助成金が3割超削減されたときのことだ。OECD(経済協力開発機構)によると、人口10万人当たりの精神科病床数は現在、日本が293なのに対して、米国は57まで落ち込んでいる。

薬物の問題もある。ヘロインのようなハードドラッグは日本では入手困難だが、米国では容易に手に入る。米政府の推計では、路上生活者の4人に1人がハードドラッグを濫用。薬物過剰摂取はホームレスに最も広く見られる死因だ。

さらに詳しくデータを見ると、米政府はホームレスを隠しておく新たな場所を見つけたらしいことがわかる。刑務所である。2010年時点で囚人の16%、約32万人が精神疾患を抱えていたのに対し、米国の精神病床数はわずか10万。米『マザー・ジョーンズ』誌は「病院の3倍以上の精神病患者が刑務所にいる」と評した。