イラクのクルド自治区の独立をめぐって、同国内の情勢が緊迫している。同自治区では、独立の是非を問う住民投票が9月25日に行われた。投票管理委員会は27日、賛成票が92.73%に達したとする開票結果を発表した。

投票が締め切られた25日夜、イラク中央政府のアバディ首相は国営テレビを通じた演説で「住民投票は違憲だ。結果について協議や対話をする用意はない」と述べ、独立交渉を拒否した。またエルビル国際空港の明け渡しを求めた。実際に9月28日18時から国際線フライトはすべて運航停止となった。

国際空港。現在は国際線の飛行が差し止め中

イラク中央政府によれば飛行禁止が解かれるのは12月29日だということだ。こうした中、10月14日、イラク中央政府はクルド自治区が実効支配する油田地帯、キルクークの前線まで軍を進めた。すでに同地の主要施設を占拠したと報じられている。現地の友人によれば、武力衝突によってクルド自治区側に20人前後の死者が出たそうだ。

10月18日、クルド自治政府のバルザニ議長は「失った命を無駄にしない」との声明を発表。独立に向けてあらためて決意を明らかにした。

筆者は、9月の住民投票を現地で見る機会を得た。クルド自治区の首都エルビルの空港に降り立つと、気温は摂氏37度。中心部に至る幹線道路にはクルド自治区の旗があちこちに掲げられ、街は投票を歓迎するムードに包まれていた。