週刊東洋経済 2017年10/28号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

»»Part1 政治とも密接な土着権力

神奈川|官房長官も頭が上がらない横浜の首領/藤木企業

船の荷物を積み降ろしする荷役会社として横浜港を取り仕切ってきた(写真は本社、撮影:今井康一)

「今までは会うたびに『おい菅(すが)くん、安倍を守ってやんなよ』と言っていたんだけど、3月に初めて言いましたよ。『菅くん、安倍はもうダメだな』って。森友学園の問題が出たときにかみさんと別れていればよかった。それも菅には言ったんだよ」

こんな歯に衣着せぬ物言いをするのは藤木幸夫氏。横浜に本社を置く藤木企業の会長だ。

横浜の首領(ドン)──。藤木氏を形容するときに、この言葉がよく使われる。藤木企業の売上高は75億円と、決して大きな企業ではない。にもかかわらず、そう呼ばれるのはなぜなのか。

理由の一つは、横浜港の仕切り役であることだ。藤木企業の創業は1923年。港の岸壁にある巨大なガントリークレーンなどを使って、船の荷物を積み降ろしする荷役を本業としている。創業当時は作業時間を予定より大幅に短縮するのが常だったことから、「藤木の早荷」と呼ばれて顧客の信頼を獲得し、事業を拡大してきた。

藤木氏は現在、港運事業者を取りまとめる横浜港運協会会長だ。また85年に開局した横浜エフエム放送の立ち上げに参加、現在も社長を務める。かつては横浜スタジアム会長でもあった。

地域への貢献が認められ、藤木氏は藍綬褒章や勲三等瑞宝章などを受章している。

もう一つは国政の中枢とのパイプが太いことだ。冒頭の発言の「菅くん」とは菅義偉・官房長官のこと。菅氏は秋田出身だが、横浜市出身の小此木彦三郎・元衆議院議員の秘書を長年務めていた。藤木氏はもともと小此木氏と親密で、その地盤を引き継いだ菅氏の有力な後援者になっている。菅氏にとっては頭の上がらない存在だ。

二階俊博・自民党幹事長とは、藤木氏が「兄弟分」と語るほど親しい関係にある。それは2016年9月に「藤木幸夫会長の86歳の誕生と二階俊博先生の幹事長就任をお祝いする会」が開かれたことからもわかる。元参議院議員の村上正邦氏が主催したこの会には、政財界などから多くの関係者が参加した。

さらに藤木氏が畏怖されるのは、山口組3代目の田岡一雄組長と交流があったからだ。藤木企業の創業者である藤木幸太郎氏(幸夫氏の父)が全国港湾荷役振興協会(現在は解散)の会長だったときに、副会長を務めたのが神戸の甲陽運輸の社長だった田岡氏だった。幸夫氏は田岡氏のことを「田岡のおじさん」と呼ぶ。

そうした幅広い人脈や地元経済への貢献もあり、横浜の政財界は藤木氏の意向を無視できない。