乱流のホワイトハウス――トランプvs.オバマ
乱流のホワイトハウス――トランプvs.オバマ(岩波書店/256ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
おがた・としひこ●朝日新聞オピニオン編集部次長兼機動特派員。1969年生まれ。慶応義塾大学卒業、朝日新聞入社。米スタンフォード大学客員研究員、米サンノゼ、英ロンドン、米ワシントン特派員などを経て、2015年から機動特派員としてホワイトハウス取材を再開。

自負心なしにワシントンでは生き残れない

評者 慶応義塾大学環境情報学部教授 渡辺 靖

ホワイトハウスの番記者が描くオバマ・トランプ両政権の内幕。しかもその語り手が政府高官を囲む内輪の裏取材も許された唯一の外国人特派員となれば、これはもう読まずにはいられない。

著者は朝日新聞の花形特派員。現在も機動特派員としてホワイトハウスで取材を続けている。

生き馬の目を抜くような激しい取材競争のなか、約400万人の政府職員を束ねる行政府の中枢に食い込もうとする奮闘ぶりは、それだけで読み応え十分だ。

トランプ政権の「本質」、オバマ前大統領の広島訪問の「真の理由」、随所で漏らされる米国の「本音」……。生真面目な研究者には憚(はばか)られる言い回しが可能なのは、百戦錬磨の経験に裏打ちされた自信の証だろう。自負心を感じさせる表現も散見されるが、自負心なしにはワシントンでは生き残れない。

トランプ政権の「ロシア疑惑」など、最近の動向も詳述されているが、個人的に最も面白かったのはホワイトハウス取材の暗黙のルールやトランプ政権と対峙する記者協会内部の雰囲気、そしてオバマ氏の広島訪問の舞台裏を描いたくだりだ。