地方に本社を置いていて、高い成長が期待できる元気な企業はどこなのか。東京と大阪をのぞく45道府県の上場企業の中で、前期と今期の2連続で経常利益が増えた企業を抽出。北海道から沖縄までを七つの地域に分け、今期の経常利益の伸び率が大きい順にランキングを作成した。今期の予想数字は、小社刊『会社四季報』の最新データを使用している。

北海道・東北地域を見てみよう。スポーツ用品大手のゼビオホールディングスやニトリホールディングスなど全国に出店して規模を拡大している企業だけでなく、地元でビジネスを展開し、業績を伸ばしている企業もある。

1位のSDエンターテイメントはライザップグループで、北海道を中心にフィットネスクラブやゲームセンターを運営する。フィットネス会員の増加が業績に貢献している。9位の薬王堂は東北にしか店がないが、食品や日用品などの販売を強化しており、4年連続で増益を確保している。今期も過去最高純益の見込みで絶好調だ。

このような地域密着の成長企業を探してみると面白い。ただし増益率がケタ違いに高い企業は前期の水準が低すぎるというケースもあるので注意が必要だ。