ニット製品を造るコンピュータ制御の横編み機で世界首位を誇るのは島精機製作所だ。その編み機は、独自構造の編み針からソフトウエアまで本社工場でとことん内製化された独創の塊だ。

従業員数はグループで約2000人。地元出身者が「和歌山の会社といえば島精機」と言うほどの存在感がある。同社を象徴するのは、創業者の島正博氏(80)だ。今年6月には社長を長男の島三博氏へ譲り、会長に就いた。

島会長は幼少時から「発明少年」と呼ばれていた。県立和歌山工業高校機械科(定時制)在学中には、母の内職の作業手袋(軍手)縫製の苦労を軽減してあげたいと、二重環かがりミシンを発明した。

長じて日本のエジソンと呼ばれた島会長の口癖は「逆転の発想」。「マラソンでも、前を走る100人を追い越すのは大変だが、ほかの人と反対の方向に走れば、すなわち首位」(島会長)という。