電気自動車(EV)シフトで自動車産業は変貌を余儀なくされる。PART1で見たように、その波に乗るのか静観するのか、自動車メーカーの姿勢が分かれる。EV化でエンジン部品が消えるなど負のインパクトは避けられそうにない。

ただしピンチはチャンスでもある。EV化で新たに需要が創出される部材も多い。

代表的なのがリチウムイオン電池だ。もともとソニーが世界で初めて実用化した日本発祥の製品で、黎明期には日本企業が世界市場を寡占した。その後、スマートフォンなどデジタル機器向けでは韓国勢に逆転を許したが、EV向けではパナソニックが米テスラ向けに電池を大量供給。韓国サムスンSDI、LG化学と3強を形成している。目下、中国の新興メーカーも急追。EVの生命線である航続距離延長を担うのが電池だけに、性能向上に各社がしのぎを削る。

セパレーターや正極材といった電池の部材となると、日本勢の存在感はさらに増す。セパレーターは旭化成が世界最大手。東レも世界大手の一角だ。ともに矢継ぎ早の能力増強を重ね、勃興するEV関連需要を取り込む。正極材では、原料であるニッケルの鉱山開発から製錬、加工に至るまで一貫して手掛ける住友金属鉱山のビジネスモデルが目立っている。

電池搭載に伴いEVでは軽量化のニーズも膨らみ、部材の競争が激化している。PART2ではそうした部材の最前線を追う。

小型化、軽量化が進むモーターとインバーター