photo:Getty Images

「電気自動車(EV)化で不要になる部品への売上高依存度」──。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が昨年公表したリポートが自動車産業で波紋を広げている。EVではガソリンエンジンやディーゼルエンジンといった内燃機関や変速機が消え、モーターや電池、インバーターに取って代わられる。リポートでは、そうしたEV化で消える部品への依存度が高いメーカーが上位に並んでいる。

足元では新興国などの需要拡大で業績好調な企業がほとんどだが、今や内燃機関向けの比率が高い企業ほど、株式市場からの評価が低くなる傾向が強い。投資家が将来動向を気にしているからだ。

部品点数は約4割減に 苦境に立つメーカーも