右派政党「法と正義」(PiS)が実権を握るポーランド政府が司法の独立を脅かしている。そんな懸念を欧州委員会が示してきた。ティマーマンス副委員長によれば、同国政府は今も協力を拒み、問題解決の具体策を何ら公表していないという。

欧州連合(EU)は、断固かつ速やかに制裁を行うべきだ。裁判所を政府の支配下に置こうとするPiSの試みは、EUの民主主義的価値に反し、単一市場を危険にさらすものだからである。

単一市場は、域内のどの国の起業家が、域内のどこで商売や投資活動を行おうと同一のルールが適用されることが前提になっている。ルールは欧州司法裁判所やEUの官僚機構だけでなく、加盟国の国内裁判所によっても行使される。

私たちは国家機能の進展が経済発展にどんな影響を与えているか、中東欧17カ国を対象に調べた。わかったのは、司法の独立が最も重要な要素だということだ。

司法の独立性が増すことで経済発展が加速することも、私たちの研究で明らかになった。裁判所への信頼が増すと、その国の輸出は増加する傾向にある。