鳴り物入りで昨年就任したミャンマーのアウンサン・スーチー国家顧問だが、「停電が増えた」「ビル建設が止まったまま」「貿易の手続きが面倒になった」など、ミャンマー国内では失望が広がり、不満は高まっている。

ミャンマーで商売をしている人々から「経済がよくなる政策を打ち出してくれないと困る。こんなことなら前政権のほうがよほどマシだったよ」といった声を聞くようになって久しい。

経済だけでも大変な状況なのに、ここに来て民族問題も浮上してきた。西部ラカイン州で、治安当局の攻撃により、少数派のイスラム教徒であるロヒンギャが多数殺害され、難民となってバングラデシュに逃れていると報じられている。

確かにそれだけを聞けばミャンマーとは何と酷い国かと思うのも人情、国際社会から現政権が非難されるのもわからなくはない。ただ「ロヒンギャ問題とは」との問いに正確に答えてくれる人は少なく、国際社会もこの問題の歴史的背景、両国事情などを理解していないのではと危惧してしまう。

人口過密なバングラ

今回の事の詳細は現地でもわからないとの話もあるが、なぜ彼らがミャンマーにもバングラにも受け入れられないのかを、筆者の体験から考えてみたい。