「番組編成により『鏘鏘(チャンチャン)』はしばらく放送を中止します。皆様の長年のご愛顧に感謝し、必ず再会できることを信じています」

2017年9月12日、微博(中国版ミニブログ)へのある投稿が戦慄を走らせた。あのフェニックスTVも粛清か──。

「鏘鏘」とは1998年4月開始の人気トーク番組「鏘鏘三人行」である。「鏘」は擬音語。にぎやかに鐘を鳴らして3人が行くという番組名のとおり、人気キャスターと文化人、学者らをスタジオに招き、時事問題からスポーツまで旬のテーマを縦横無尽に30分間語って多くの視聴者を得ていた。99年にはなんと、当時は人民解放軍所属の人気歌手で、今では習近平国家主席夫人の彭麗媛がゲストとして出演したこともある。

今や香港で唯一、反中国報道を展開する日刊紙『蘋果日報(アップル・デイリー)』は翌13日、「ネットユーザーは『新たな焚書坑儒』だと非難」との見出しを打ってフェニックスTVの番組中止を伝えた。今回の放送中止は中国政府メディア統括官庁の国家新聞出版広電総局の指令によるもので、看板討論番組「時事弁論会」と国際ニュース解説番組「震海聴海録」も同時に中止されると報じた。「時事弁論会」はテレビ朝日「サンデープロジェクト」と共同制作し、07年には『朝まで生テレビ』で日中初の生放送討論番組を作った番組である。この後、軍事情報番組なども粛清の対象になるという。

同紙は「鏘鏘三人行」の常連ゲストらに放送中止の原因を電話取材しているが、誰もが口を閉ざし、同局からも何の説明もない。

中国国内の視聴者は直ちに反応し、微博大手の新浪には「新たな焚書坑儒だ」「朕の大清帝国に戻った」「放送中止にすべきは『新聞聯播』(中国中央テレビ午後7時のニュース番組)

だ」と激しい非難が殺到した。しかし、そうした書き込みも翌日には一斉に姿を消した。中国当局がどれだけ敏感だったかがわかる。

中国のネット空間で視聴者の怒りが爆発したのは、フェニックスTVの成り立ちと深く関係している。同局は香港返還直前の96年に「全世界華人のCNN」をスローガンに香港で誕生した。

「香港人は誰も見てはいない」。しかし、香港の記者はこう言う。香港の公用語である英語と広東語ではなく、大陸中国の共通語である「普通話」の放送であるからだ。

中国国内と海外の華人を視聴者として1チャンネルでスタートした同局は、その後情報や映画、アニメ、国際放送などチャンネル数を増やし、現在では世界150カ国で視聴できるまでに発展。中国国内では広東省全域のほか全国の三ツ星以上のホテル、外国人居住区、政府機関と付属宿舎などで2億人以上が視聴。高学歴、高収入、高身■(ステータス)(■=にんべんに分)の「三高」視聴者がほとんどだ。香港が本拠地で、中国官製メディアよりも自由な報道ができるため、政府広報機関にすぎない国内のテレビ報道に飽きた「三高」をつかみ、最も影響力のあるメディアを自負している。