文と文との間に置き、次の文脈がどのように展開していくかを示すのが接続詞だ。使い方が難しく、著名作家でさえ推敲の際に何度も修正するといわれる。読み手を誘導する道案内の役割を果たすだけに、よく吟味して使…