(撮影:今井康一)

日本航空の米国現地法人トップだった私がビームスの経営に参画したのは1990年。6歳からの幼なじみの設楽洋に「助けてくれ」と言われた。当時のビームスは幹部が大量に離脱し、会社存続の危機にあった。その立て直しにかかわった縁でここまで来た。

私と設楽は得意領域が違う。彼は発想人間で、ビジョンを描いて感覚的に物事を進めていく。私はマネジメント型。ブレーキ役として、細かく数字を管理するタイプだ。

設楽とはよくけんかした

タイプが違うから対立も頻繁だった。本社引っ越しの際に席のレイアウトを考えていたら、「細かいことはどうでもいい」と設楽が言ったので、大げんかになった。近くのホープ軒でラーメンを食って仲直りをしたが、そんなことは何度もあった。