子どもの頃好きだったことにシニア就労のヒントがある(イラスト:秋葉あきこ)

定年後に向けて、自分がどんな仕事をすべきか。今いる会社で再雇用や定年延長を望むべきなのか、まったく新しい事業を始める、別な業種に転職するといった転身を図るべきなのか。

ベストセラー『定年後』(中公新書)の著者で人事コンサルタントの楠木新氏は、「できれば50歳ぐらいから助走を始めて、定年後を意識したほうがよい」と説く。

40代後半から50代に差しかかる時期は、サラリーマン人生のゴールが見えてくる時期。同期との出世競争の結果が出たか、出つつある状況だ。ここで降格や左遷されたり、子どもの受験や親の介護に直面するなど、プライベートの問題に押しつぶされそうになったりして、身体的、精神的に追い詰められる人は多い。

楠木氏自身は大手生命保険会社で定年まで勤め上げている。40代後半で体調を崩して一時休職し、人生を見つめ直した。そこから副業として取材・執筆を始めた。その経験から得たノウハウを挙げてもらった。

遠い記憶のかなたにヒントが隠れている