シニア起業|ヤマハを早期退職して介護タクシー運転手に
橋詰登志夫さん(68歳)

要介護者を車いすやストレッチャーのまま乗せることができる(撮影:風間仁一郎)

「男が介護に参加できる仕事を作りたかった」

「サラリーマンは何かあったとき、すぐ病院に行けない」。父が脳梗塞で倒れ要介護となったとき、当時50歳手前の橋詰登志夫さん(68)はそう思った。ヤマハでホールやスタジオの設備施工を担当し、朝6時に家を出て終電で帰る毎日。それまでは「辞めるなど考えたこともなかった」。

身内の介護は女性が主軸。男が何かできないか思案していると、雑誌で介護タクシーという職業を見つけた。ホームヘルパー2級を取得し、55歳で早期退職を決断する。「会社からは半年慰留された」。

それからが苦労の連続だ。何も知らない家族に「明日で会社を辞めるよ」と告げると、「何を言っているかわからない」と妻は激怒。一時は絶縁状態に陥った。

2005年4月に「むさしの介護タクシー」(現むさしのケアキャブ)を創業。多摩地区全体で2台ぐらいしか車両登録がない時代。介護保険の適用もなく、病院を回っても怪しい業者扱いをされる始末。「1年ぐらい利益が出なかった」。

そこで免許を取っていた24時間対応の民間救急サービスを兼業。車4台、スタッフ5人に増やし収入がハネ上がった。が、今度は自身が脳梗塞で倒れ左半身マヒに。ようやく家族も電話対応などで協力してくれた。幸い3カ月の入院と3カ月のリハビリでマヒは治った。

現在、多摩地区には150台を優に超える介護タクシーが走っている。ニーズは強く、依頼が多いときは同業に振り分けている。

だが一般タクシーに比べ認知度も影響力もまだ小さい。橋詰さんは地域の30社で一般社団法人Tamaケアタクシー・ネットワークを立ち上げた。さらに「日本福祉医療輸送機構」を設立、全国で約500社が登録している。

目下の課題はパラリンピック。多数の観客が移動するため車両数が不足している。介護保険の適用を国に要請するなどロビー活動にも忙しい。「手弁当だが、運転だけが仕事ではない」と、業界の地位向上により尽力していく。