北朝鮮の核の脅威に対処するには、封じ込めと外交の組み合わせが最も害が少ない、との点で多くの専門家の見方は一致する。一方で、中国による侵攻、あるいは威嚇を通じた体制変革が最も害の少ない軍事オプションだと認識している者は少ない。これは東アジア情勢が中国優勢へと一気に傾くシナリオであるが、ありえない話ではない。トランプ米大統領風に言えば、「中国を再び偉大にする」「中国ファースト」のオプションだ。

中国の軍事介入には巨大なリスクが伴うが、成功した場合の成果とは何か。それは北朝鮮が中国の核の傘の下に置かれることだ。

かつて毛沢東は、中国と北朝鮮は「唇と歯の近さだ」と言った。が、日韓が米国の緊密な同盟国であり続ける一方、中朝関係の溝はかつてないほど広がっている。

結果、中国は同盟国であるはずの隣国をほとんどコントロールできていない。現地事情を把握できてもいないはずだ。経済制裁拡大やエネルギー供給停止による締め付け強化も、金正恩(キムジョンウン)政権をロシアからの支援獲得に走らせる以上の効果をほとんど持たないだろう。

仮に北朝鮮が核開発放棄と引き替えに、信用できる安全保障を欲するとしたら、それを与えられるのは中国をおいてほかにない。